-->

お知らせINFORMATION

2018/10/22

★2018年10月搾りたて新蜜★山梨産「良三おじいさんの日本ミツバチ百花蜜」販売開始!

南アルプスを望む谷合の山村、豊かな森と棚田が広がる山梨県北杜市に住む日本ミツバチの匠、宮崎良三さん。今年も、良三おじいさんの1年に1回の大イベントの月がやってまいりました!日本ミツバチたちが、1年かけて花々から集めた百花蜜を搾る10月です。

「2018年搾りたて新蜜 良三おじいさんの日本ミツバチ百花蜜」

久しぶりに訪れた良三さんのお宅。おばあちゃんが、いつもの優しい笑顔で迎えてくださいました。夏に少し体調を崩したと伺い、心配していましたが、お元気そうで安心しました。



…いつも、実家に帰ったような懐かしい気持ちになるのは、なぜでしょうか。

さっそく、垂れ蜜製法で搾っているはちみつの様子を見に行きます。あたりには甘い香りが満ちています。子どもたちもそっと指ですくって新鮮な蜜をペロリ。贅沢なひと時です。



↑こんな風に崩した蜂の巣をネットに入れて、ゆっくりとかめに垂らしてゆくのです。約2日でこの量。白く浮いているのは、花粉や巣くずです。この状態から、何度も濾して、瓶詰めし、やっと皆さまのところにお届けできる状態になります。





口に含んだとたん「わぁ!」と驚きの声を出してしまうほどの奥深い香り。爽やかな黒糖のような酸味。良三さんのはちみつは、本当に特別です。

良三さんが早朝、山に入って私たちのために採ってきてくださった松茸をたっぷり入れておばあちゃんが炊いてくださったおこわを、お腹いっぱいごちそうになって、幸せな時間でした。



「2018年搾りたて新蜜 良三おじいさんの日本ミツバチ百花蜜」は、こちらをご覧ください。

国産はちみつへのこだわりMESSAGE

国産はちみつの自給率は7%程度とも言われ、本物の日本のはちみつを口にしたことのない方が増えています。それどころか、はちみつはミツバチたちが色々な花から集めた蜜からできている、ということを知らないお子様が多い、というショッキングなお話をある養蜂家様から伺いました。
ハニープラントは、ミツバチたちが命をかけて集めた自然からの贈り物にできるだけ手を加えず、本物のはちみつだけが持つ自然のままの香りと味わいを安心してお楽しみいただきたいと考えています。そして、いつもの食卓に、あたりまえのようにお好みの国産はちみつが添えられている、そんな風景を思い描いています。
お届けするはちみつは、すべて国産の「生はちみつ」です。水分を飛ばすための加熱を行っておらず(非加熱)、添加物・着色料・保存料・人工甘味料を一切使用していません。
「生はちみつ」には、ブドウ糖・果糖などをはじめ、10数種類のビタミン類、カルシウム・鉄など27種類のミネラル、さらにアミラーゼなど約80種類の酵素、乳酸菌など、健康の源となる栄養がたっぷり含まれています。
ティースプーン一杯の幸せを、一人でも多くの方に味わっていただきたく、各地の提携養蜂家様とともに、選び抜かれたはちみつだけを大切にお届けしているのです。
※はちみつが結晶して固まってしまった場合は、風味や栄養が損なわれないように、容器の蓋をはずし45℃以下のお湯で湯煎してください。
(注)1才未満のお子様については腸が未発達のため、はちみつの摂取により『乳児ボツリヌス症』を引き起こす危険性がありますので、決して与えないでください。